1. Top
  2. » 海外ETF

おすすめの投資信託 長期的に安定した資産運用を考える

資産運用に使えるおすすめの投資信託

長期的に安定した資産運用・資産形成をしていくには、リスクを分散したお金を生み出す資産(ポートフォリオ)を長期保有することです。
つまり利息や配当がある資産を保有すること。
そして、その利息や配当を再投資していくこと。
そして、いかにコストを抑えられるか。

ということがポイントになります。
そしてその運用ツールになるのが投資信託です。

リスクを分散するためには、資産の分散や幅広い銘柄の分散が必要になります。
投資信託であれば、株式や債券といった配当や利息がある資産に小額から幅広く分散投資が可能になります。

投資信託の中でもおすすめなのは、海外ETFといわれる海外の証券取引所に上場されている投資信託です。
海外ETFは日本の証券会社でも購入することが可能です。

ETFとは、Exchange Traded Fundの略で、指数連動型上場投資信託ともいわれています。
海外ETFとは、海外の各種指数との連動を目指すETFでニューヨーク証券取引所やナスダック市場、香港市場など外国の証券取引所に上場されているETFです。

海外ETFであれば株式・債券・金・銀・コモディティに小額から幅広く分散投資することが可能です。

債券の海外ETFであれば
グローバル企業の社債に幅広く分散投資することが可能であったり
1つの海外ETF銘柄で期間が異なる社債を数百銘柄保有しているのでデュレーションリスクも低減できる可能性があります。
また、債券海外ETFは、定期的に利息が自分の口座に入金されるので、その利息を再投資することが自分でできます。
再投資することが自分でできるので、再投資先を株式海外ETFにすることも可能です。
また、再投資しない場合は利息や配当を現金として残しておくことも可能です。
キャッシュフローを重視する場合、利息や配当を現金として残しておくことも可能です。
債券海外ETFは米国債や公社債、投資適格米国企業の社債、ハイイールドボンド、エマージングマーケットボンドなどが購入することが可能です。

株式の海外ETFであれば
ニューヨークダウやS&P500など株式指数に連動した海外ETFを購入することも可能です。
また高配当銘柄の株式を集めた株式海外ETFもあります。
セクター別の株式海外ETFもあり、エネルギーセクターや生活必需品セクター、ヘルスケアセクター、公共事業セクターなどのセクターで世界を代表するグローバル企業の株式を集めた海外ETFを購入することも可能です。
また時価総額の大きい世界を代表するグローバル企業のみを集めた株式海外ETFを購入することも可能です。
こういった世界有数のグローバル企業の株式海外ETFに投資するメリットは信用リスクの回避と安定した配当を受け取れるといったメリットがあります。

海外ETFは、上場されているので透明性が高く、流動性もよいのがETF、海外ETFのメリットとなります。
海外ETFは一般の投資信託よりも運用コスト(信託報酬またはエクスペンスレシオ)が安く設定されていることが多いので、長期的に保有する場合はコスト面で有利です。

海外ETFは上場しているため、株式と同様に価格がリアルタイムに変動します。
値動きを見ながら購入・売却のタイミングを決められるほか、株式と同様、指値・成行注文で購入することができます。

このように、海外ETFという投資信託を利用し、お金を生み出す資産を長期的に保有することで、安定的に資産運用できるのではないでしょうか。

おすすめの投資信託(海外ETF)は楽天証券で購入することが可能です。
>>グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!




スポンサードリンク
コンテンツ
カテゴリ
RSS
タグ

このサイトをリンクに追加する